【鎌蟲龍 超地獄級】究極半蔵×究極闇堕ルシPTでノーコンクリア【炎の蟲龍】

炎の蟲龍・フラムシックが出現

こんにちは、@n_ottoseiです。

今回は、「炎の蟲龍」の【鎌蟲龍 超地獄級】に挑戦。地獄級の攻略から、間が開いてしまいましたが、何とかノーコンクリアすることができました。

スペシャルダンジョンのドラゴンシリーズなのですが、今回から、超地獄級が追加されています。当然、地獄級よりも難易度が高いため、育っていないPTでは攻略は難しい。僕も、苦労しました。

地獄級と同じですが、バトル4の〈火炎獄・パイロデーモン〉と〈フラワーキマイラ〉が厄介。対策なしで突破するのは、運が良くないと難しいでしょう。

PT編成の紹介

究極半蔵×究極闇堕ルシPT

〈朧月夜の幻影・服部半蔵〉×〈創獄の神魔王・ルシファー〉PTになります。余り見かけないPTですが、こんなPTでも、ノーコンクリアできます。

リーダースキルは、リーダーとフレンドを合わせて「攻撃タイプのHPが約2倍、攻撃力が6倍、回復力が1.5倍になる」です。耐久力が上がりますが、攻撃タイプは元々耐久力が低いので、他の耐久PTよりはもろい。それでも、このダンジョンでは有効です。

リーダー

朧月夜の幻影・服部半蔵のステータス

〈朧月夜の幻影・服部半蔵〉

スキレベル最大したときに、5ターンで使えるドロップ変換持ち。ボス戦で1回と、他のバトルでもう1回ぐらいは使えそうです。攻撃力が高いのも良いですね。

フレンド

創獄の神魔王・ルシファーのステータス

〈創獄の神魔王・ルシファー〉

スキルレベル最大にしたときに、5ターンで使えるドロップ強化持ち。ボス戦と、バトル4で使用することになります。

サブメンバー

グリプスライダー・ベクター・フィンのステータス1

〈グリプスライダー・ベクター・フィン〉

《2体攻撃》を2つ持っているので、闇ドロップを4個消したときの攻撃力が高い。ダメージをかせぎたいときに活躍します。

グリプスライダー・ベクター・フィンのステータス2

〈グリプスライダー・ベクター・フィン〉

同じモンスターになりますが、こちらは、スキルレベルが最大まで1足りていません。役割は同じ。

俊才の臥龍神・諸葛亮のステータス

〈俊才の臥龍神・諸葛亮〉

攻撃タイプエンハンス持ち。スキルは、ボス戦で使用します。コイツも《2体攻撃》を2つ持っていますが、敵が火属性モンスターなので、威力は半減してしまいます。《スキルブースト》かせぎでの採用でもあります。

狂荒の戦軍神・アレスのステータス

〈狂荒の戦軍神・アレス〉

《ダブル攻撃態勢・火》→《業炎変化の術・闇》で、闇ドロップを大量に作るために採用。攻撃力が非常に高いので、せんめつ力としても申し分ない。

立ち回り

バトル4とボス戦で、スキルを使って攻略することになります。

バトル1~3 雑魚戦

超地獄級なので、雑魚でも攻撃力が高い。特に、〈パイロデーモン〉と〈フレイムキメラ〉は強いので早期撃破したいところ。ターンをかせぎたい場合は、先ほどの2体以外を残してすることになります。〈ワントン〉を残す場合は、HPを減らしすぎると8,820ダメージの攻撃をするため注意。

バトル4 〈火炎獄・パイロデーモン〉×1〈フラワーキマイラ〉×1

このダンジョンの、鬼門になります。2体とも、非常に攻撃力が高い。特に、〈火炎獄・パイロデーモン〉は攻撃力が激しいので、行動される前に撃破したい。攻撃されなかったとしても、2体ともバインド攻撃を持っているのでゲームオーバーしかねません。

遅延スキルやダメージ減少スキルなどで耐えしのぐか、攻撃力を上げて一気に撃破してしまうことになります。このPTの場合は、後者です。

バトル5~6 雑魚戦

バトル1~3と同じ。

このPTの場合は、この2バトルの間でスキルをタメ直すことになります。

バトル7 ボス戦 炎の蟲龍・フラムシック

HPが半分以下になると、パズルの操作時間を1秒間だけ減らすスキルを使用してきます。これを利用して、1ターン目に半分以下まで削れてしまえば、2ターン目に、ノーダメージで撃破することが可能。

このPTの場合は、1ターン目に、5コンボ以上作れるように変換スキルで闇ドロップを増やしてから、《イビルノヴァ》と《百戦百勝の求道》を使用して攻撃し、少なくとも半分以下まで削る。(なるべく多く削りたい)もちろん、撃破してもかまわない。

このPTの場合、HPが満タンであれば、2ターン目に撃破し損ねてもゲームオーバーはしない。3ターンで撃破すれば、問題はないでしょう。

動画のハイライト

攻略の様子は、動画にしてありますが、画像でも紹介していきます。

危なげなくバトル3まで通過

バトル3を突破

ミスしたり少しグダグダしたりはしましたが、危なげなく突破していくことができました。耐久力があるので、雑魚戦ではさすがに負けないですね。

バトル4をワンパンで突破

火炎獄・パイロデーモンとフラワーキマイラを撃破

《ダブルドロップ変化・闇光》2回と《イビルのヴァ》を使用し、ワンパンで撃破することに成功。闇ドロップを、3列作って気持ちよく倒せました。

バトル5でターンをかせぐことに成功

ワントンだけ残すことに成功

〈ワントン〉が出現したので、1体残すのが楽でした。バトル6は、1ターンで突破。

ボスをワンパン撃破

炎の蟲龍・フラムシックをワンパン撃破

《ダブル攻撃態勢・火》《業炎変化の術・闇》《イビルノヴァ》《百戦百勝の求道》を使用し、ワンパンで撃破することに成功しました。

まとめ

やはり、バトル4を突破できればかなり気楽になります。ボスは、ある程度攻撃力があって5コンボ以上出せるPTなら、そこまで怖くないですからね。

5敗して、6回目の挑戦でのノーコンクリアなのですが、耐久力があるPTだとかなり余裕を感じます。負けた挑戦のほとんどは、光イシス×光ラーPTです。耐久力のあるPTと、相性が良いダンジョンだと思います。

今回はこのへんで

関連記事

no image

【破滅の影 超級】の攻略に行ってきた! 【滅びの機械龍】

さて今回は、機械龍シリーズの闇属性枠になる滅びの機械龍の【破滅の影 超級】を攻略していこうと

記事を読む

水の犬龍・トサバウドラと光の犬龍・チンパウドラが出現

【パズドラ】水と光の犬龍(超地獄級)を攻略

こんにちは、@n_ottoseiです。 今回は、「水と光の犬龍」の「流輝犬龍 超地獄級」を解説

記事を読む

pdss3771_20140204.jpg

【輝く孤島 地獄級】の攻略に成功!【光の歴龍】

今回は、「イシス」(水/水)×「クシナダヒメ」PTで攻略できたので記事にしていきます。【輝く孤島 超

記事を読む

sp-sinnpiryuu-ym-j-9.jpg

闇の神秘龍の地獄級をノーコンクリア!雑魚戦の方が怖かった…

今回は、[闇の神秘龍]の最高難易度になるフロア、【暦の円盤 地獄級】の攻略に挑戦してきました

記事を読む

pdss4749_20140324.jpg

翠の華龍をオオクニヌシPTでノーコンクリア!【翠の僻地 地獄級】

超級に続いて、地獄級もノーコンクリアできました。「オオクニヌシ」PTでの攻略になります。今ま

記事を読む

火の機甲龍・サドルと光の機甲龍・アクルックスが出現

【パズドラ】火と光の機甲龍 超地獄級を攻略 ボス2体をまとめて撃破しろ!

こんにちは、@n_ottoseiです。 今回は、「火と光の機甲龍」の「火光対龍 超地獄級」を紹

記事を読む

月釜の丼龍・ハガマルが出現

【パズドラ】アテナパで黒の丼龍(超地獄級)を攻略!6コンボ以上でボスを撃破しろ!

こんにちは、@n_ottoseiです。 今回は、「黒の丼龍」の「釜飯龍 超地獄級」をアテナパで

記事を読む

pdss4730_20140324.jpg

翠の華龍を攻略してきた【翠の僻地 超級】

今回の攻略PTは「サクヤ」PTでした。回復ドロップが出ない分指定ドロップの枯渇が少なく、

記事を読む

pdss3630_20140129.jpg

【碧の孤島 超級】をノーコンクリア!【木の歴龍】

今回は、イシス(水/水)×バステト(木/光)PTで攻略できたので、記事にします。3色限定ということで

記事を読む

pdss4451_20140310.jpg

【蒼の華龍】の地獄級をノーコンクリア【蒼の僻地 地獄級】

超級に続いて、地獄級も「オオクニヌシ」PTでノーコンクリアできました。ダメージが高い分ミスを

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ガチャドラ
【ゴッドフェス】軍茶利明王 狙いで10連!【Andoroid版リリース4周年記念イベント】

こんにちは、@n_ottoseiです。 今回は、「Andoroi

ガチャドラ
【ゴッドフェス】シトリー狙いで20連!

こんにちは、@n_ottoseiです。 今回は、「夏休みスペシャ

ガチャドラ
【アンケートゴッドフェス】20連の結果は?【ガンフェス2016開催記念】

こんにちは、@n_ottoseiです。 今回は、「ガンフェス20

ガチャドラ
【ゴッドフェス】10連で新フェス限出るかな?【春休み&パズドレ100万DL達成記念】

こんにちは、@n_ottoseiです。 今回は、「春休み&パズド

ガチャドラ
【ゴッドフェス】ヘルメスがほしい!【国内4000万DL達成記念】

こんにちは、@n_ottoseiです。 今回は、「日本国内400

→もっと見る

  • follow us in feedly

PAGE TOP ↑