【パズドラ】「水の猫龍(超地獄級)」を攻略 ボスは毒攻撃が厄介!?

公開日: : スペシャルダンジョン

水の猫龍・ロシニャドラが出現

こんにちは、@n_ottoseiです。

今回は、「水の猫龍」の「藍猫龍 超地獄級」を解説します。僕がノーコンクリアしたPT編成の紹介や、立ち回りの解説もします。

このダンジョンでは、《スタイルチェンジ・木》や《セレスティアルサイン》のスキル上げができるモンスターも出現。立ち回りなどをおさえてノーコンクリアを目指しましょう。

「藍猫龍 超地獄級」を解説

  • バトル1~2 雑魚戦
  • バトル3 中ボス戦
  • バトル4~5 雑魚戦
  • バトル6 〈焔尾の天狐・ミツキ〉×1
  • バトル7 〈水の猫龍・ロシニャドラ〉×1

気をつけるべきなのは、バトル3、6、7とまれに出現する《海の丼魔・ツナドン》です。他のモンスターはよほどのことがない限り問題なく撃破できるはずです。

火と水属性のモンスターが出現

雑魚戦

雑魚戦では、主に火と水属性の〈ペンドラ〉〈キメラ〉〈カーバンクル〉が出現。おなじみの雑魚モンスターです。3種とも、初回行動以外は2ターンごとに行動なので、余裕があります。しかし〈キメラ〉は13,772ダメージの《連続攻撃》を持っているので、早期撃破が望ましいでしょう。

雑魚なのに高HP

アオデビニャンの画像

上記の3種よりは出現率は低めですが、雑魚戦では〈アオデビニャン〉も出現します。雑魚の割にはHPが174,150と多く、攻撃力の低いPTだと倒すのに少し時間がかかるかもしれません。

その上、5,910ダメージ+回復ドロップを水に変換する《にゃん撃態勢・水》を使用するので、長期戦は危険。HPが半分以下になると、2ターンだけスキルを封印する《いかく》も使用してくるので注意しましょう。

行動前に撃破を

中ボス戦の画像

出現するのは、火と水属性の進化後〈カーバンクル〉と〈キマイラ〉の中からランダムで2体。どの組合せで出現しても、敵の行動前に1体は撃破しておきたい。進化後〈カーバンクル〉でHP451,800~481,800。〈キマイラ〉はHP834,600~842,100。

行動も〈キマイラ〉の方が怖いので、出現しないと非常に気が楽になります。出現したらスキルを使って一気に撃破してしまうのが安全です。

スキルを使用して早期撃破したい

焔尾の天狐・ミツキの画像

バトル6で出現する〈焔尾の天狐・ミツキ〉は、スキルを使って早期撃破を狙いたいところ。

毎ターン行動な上に通常攻撃で12,210ダメージ。HPも2,223,150とボスでもないのにタフです。

水属性を持ったモンスターを編成している場合は、水属性バインドの《水濡れ厳禁》を使用されると厄介なので、行動前に撃破する準備をした方が良いかもしれません。

HPが少なくなると、18,315ダメージの《焔尾の猛襲》を使用してくるので、後半は一気に削ってしまいたい。

スキルを使用して一気に撃破してしまうのが、最も安全でしょう。

大ダメージ&毒変換

水の猫龍・ロシニャドラの画像

バトル7の〈水の猫龍・ロシニャドラ〉は、できればワンパン撃破か2回の攻撃で撃破を狙いたい。もしくは、遅延スキルを使用して効果がきれるまでに撃破を狙いましょう。

先制攻撃で10,230ダメージ。HPが半分より多いときでも11,253ダメージ。HPが半分以下になると18,414ダメージと、10,000ダメージを下回る行動はないです。更にHPが少なくなると、20,000ダメージを越えてきます。その上、このダメージにはドロップ変換がついているスキルも多い。攻撃をうけたくないですね。

HPが残り少なくなると、全員を10ターンも行動不能にする《藍色の怨み》も使用するので要注意。

HPが75%以下になったときに、状態異常を無効にする《エメラルドアイ》を使用します。1回目の攻撃でこの条件を満たし、2回目の攻撃で撃破できれば、ノーダメージで倒すことができますね。遅延スキルを使う場合は、このスキルを使用される前に使っておきましょう。

アテナパでの立ち回り

初攻略のPTです。問題なく攻略できたので紹介します。

リーダー&フレンド

・〈聖都の守護神・アテナ〉

サブメンバー

・〈破壊龍・アポカリプス〉
・〈神命姫神・ヴァルキリーローズ〉
・〈天道の皇祖神・イザナギ〉
・〈スカイゴッドナイト・ヴァーチェ〉

リーダーとフレンドがプラス297。全員全覚醒。〈破壊龍・アポカリプス〉と〈天道の皇祖神・イザナギ〉以外がスキルレベル最大です。

全員が《2体攻撃》持ちなので、ダメージをかせぎたいときは、光ドロップの4個消しをします。

バトル3、6、7と〈海の丼魔・ツナドン〉が出現したとき以外はスキルは使用しません。

回復と闇ドロップを温存

バトル1と2はワンパン撃破で構いませんが、バトル3用に回復と闇ドロップを残しながら倒しましょう。

スキルレベルが低い場合は、必要なターンを消費するのも構いません。その場合は〈キメラ〉に注意しましょう。

変換スキルを使用し撃破

バトル3は、《攻撃態勢・光》か《ドロップ変化・光》を使用しワンパン撃破を狙います。両方使用しても構いません。

スキルをタメ直す

バトル4と5で、使用したスキルをタメ直しましょう。他のスキルもボス戦で使用できるように調整しておいた方が良いです。

バトル1、2と同じで、バトル6用に闇と回復ドロップを温存しておきましょう。

スキルを使用しワンパン撃破

バトル6と7は、共にワンパン撃破を狙います。

バトル6の〈焔尾の天狐・ミツキ〉は、変換スキル1つ+《アイギスの煌めき》を使用して撃破を狙います。光ドロップ4個3組もあれば間違いないでしょう。

バトル7の〈水の猫龍・ロシニャドラ〉は、《ラストジャッジメント》から変換スキルと《アイギスの煌めき》《創造の息吹》を使用し撃破を狙います。

まとめ

バトル3、6、7の対策ができていれば、ノーコンクリアは難しくないでしょう。

敵の行動が厄介なので、攻撃力を上げて早期撃破するのが理想的です。

今回はこのへんで

関連記事

kazenoryuukihime-jigoku-00.jpg

【古の天風 地獄級】をノーコンクリア!【風の龍騎姫】

超級の攻略に続いて、地獄級の攻略にも挑戦します。 龍騎姫シリーズなので、「同キャラ禁止

記事を読む

pdss4932_20140407.jpg

橙の華龍を攻略してきた!【橙の僻地 超級】

華龍シリーズの、光属性枠。回復ドロップが出てこないダンジョンです。今回は、超級をサクヤPTで

記事を読む

no image

【五龍連撃 超級】に突入! 【伝説龍ラッシュ!】

さて今回は、伝説龍ラッシュの【五龍連撃 超級 】 を攻略していきたいと思います。 このダン

記事を読む

no image

虚の水晶 超級にチャレンジしてみた! 光の神秘龍【闇無し】

さて今回は、新しいスペシャルダンジョンで神秘龍シリーズである、光の神秘龍【闇なし】の”虚の水

記事を読む

no image

【皇の閃爪 超級】に挑戦してみた! 【皇たる機械龍】

さて今回は、再開催されている皇たる機械龍の【皇の閃爪 超級】を攻略していこうと思います。

記事を読む

no image

【紅の孤島 超級】に挑戦! 【炎の歴龍】

さて今回は、炎の歴龍【3色限定】の攻略に挑戦してみたいと思います。 今回挑むのは、【紅の孤

記事を読む

mizunorekiryuu-jigoku-01.jpg

【蒼き孤島 地獄級】をノーコンクリア!【水の歴龍】

今回は、「水の歴龍」の中で難易度が最も高い【蒼き孤島 地獄級】の攻略に挑戦します。 「

記事を読む

seinoryuukihime-jigoku-01.jpg

聖の龍騎姫の地獄級をノーコンクリア!「究極ティアマット×パンドラ」

今回は、「聖の龍騎姫」の【古の聖刻 地獄級】に挑戦します。 龍騎姫シリーズということで、「同キ

記事を読む

月釜の丼龍・ハガマルが出現

【パズドラ】アテナパで黒の丼龍(超地獄級)を攻略!6コンボ以上でボスを撃破しろ!

こんにちは、@n_ottoseiです。 今回は、「黒の丼龍」の「釜飯龍 超地獄級」をアテナパで

記事を読む

sp-senngokuryuu-k-c-12.jpg

風の戦国龍の超級を攻略!水イシス×光ホルスPT

“風の戦国龍【全属性必須】”は、戦国龍シリーズの木属性枠。今回は、2番目に難しいフロアの【独

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ガチャドラ
【ゴッドフェス】軍茶利明王 狙いで10連!【Andoroid版リリース4周年記念イベント】

こんにちは、@n_ottoseiです。 今回は、「Andoroi

ガチャドラ
【ゴッドフェス】シトリー狙いで20連!

こんにちは、@n_ottoseiです。 今回は、「夏休みスペシャ

ガチャドラ
【アンケートゴッドフェス】20連の結果は?【ガンフェス2016開催記念】

こんにちは、@n_ottoseiです。 今回は、「ガンフェス20

ガチャドラ
【ゴッドフェス】10連で新フェス限出るかな?【春休み&パズドレ100万DL達成記念】

こんにちは、@n_ottoseiです。 今回は、「春休み&パズド

ガチャドラ
【ゴッドフェス】ヘルメスがほしい!【国内4000万DL達成記念】

こんにちは、@n_ottoseiです。 今回は、「日本国内400

→もっと見る

  • follow us in feedly

PAGE TOP ↑